FP主婦の徒然ブログ

日々のお料理や節約や、生活に役立つ事など、色々発信していきます!

改正民法(相続法)②【その他】

その他、次のような改正もありました

 

・財産目録のパソコン作成が可能に

 従来、自筆証書遺言は、全文を自署(手書き)する

 必要がありました。改正では、要件が緩和され、

 遺言のうち財産目録についてはパソコン作成が認められました

 (但し各ページに自署押印が必要)

 また、封をしていない自筆証書遺言において、法務省

 保管する制度も創設されます。

 

 

・預貯金の仮払制度

 従来は、相続財産となる預貯金債権は、遺産分割の

 対象に含まれ、共同相続人による単独払い戻しが

 認められませんでした。改正では、一定金額について

 単独払い戻しが認められます。また、仮払の必要性があれば

 家庭裁判所が認める制度も創設されます。

 

 

・相続人以外の親族の貢献に考慮 

 法定相続人ではない親族が被相続人の介護や看病をするケースがありますが、

 現行法ではこの場合の当該親族は遺言がない限り、介護や看病に対しての

 何らかの報酬を受けることはできませんでした。

  新たな改正案では、相続人ではない親族も、被相続人の介護や看病に貢献した場合

 は金銭請求できるようになります。ただし、あくまで親族が対象で、

 家政婦などが介護や看病をした場合は含まれません。