FP主婦の徒然ブログ

日々のお料理や節約や、生活に役立つ事など、色々発信していきます!

「相楽総三とその同志」

長谷川伸さんの本です。

 

完全に趣味の範囲ですが、幕末の武士たちの

熱い思いに心奪われつつ。

 

 

作品紹介

相楽総三は幕末に尊王攘夷の志をもち、薩摩の西郷隆盛らと往来して倒幕運動に従事した男です。戊辰戦争の際には「赤報隊」を結成。「年貢半減」を掲げて東山道を進軍していったところ新政府の方針変更(裏切り)によって「偽官軍」とされ下諏訪で刑死しました。享年30。

作家・長谷川伸さんは相楽の軌跡を追い、草莽の志士たちの生死をたどることで「歴史」というものの姿をあらわしました。明治維新について記された書物はあまたありますが、その叙述の志の高さにおいて本書をこえるものはまずないでしょう。