FP主婦の徒然ブログ

日々のお料理や節約や、生活に役立つ事など、色々発信していきます!

「一死、大罪を謝す 陸軍大臣阿南惟幾」

角田房子さんの本です。

 

リーダーの在り方を考えさせられました。

日本最後の武士の話と言っても過言ではありません。

 

 

 

「昭和二十年八月十五日朝、劇的な自決を遂げた陸相阿南惟幾帝国陸軍の典型的軍人として平凡な道を歩んでいた彼は、突然、その生涯最後の四カ月、歴史の表舞台に引き出された。巨大な組織の統率者として敗戦へ向う過程で、彼は何を考え、何を為そうとしたのか。――一切を語らず自決した軍人・阿南惟幾の行動を緻密にたどり、歴史の事実として捉えた、帝国陸軍の擡頭と崩壊の日」