FP主婦の徒然ブログ

日々のお料理や節約や、生活に役立つ事など、色々発信していきます!

チャーシュー作りにハマる

お正月にスーパーで豚肉のブロックが

沢山売っていたので、ちょっとチャーシュー作りに挑戦しようかな⤴️と思いたち作り続けています。

トロトロとして、ラーメン屋に負けないくらい美味しいチャーシューが出来ますよ😃

 

材料

バラブロック

 

(下味)

塩                              大さじ1

おろししょうが         大さじ2

酒                               200cc

 

(煮汁)

ネギ青い部分             3本 

スライスしょうが      5枚

潰しにんにく             3つ

酒                               50cc

みりん                        150cc

しょうゆ                     1L

水                                650cc

砂糖                            30g

 

①豚ブロックに塩を少量もみこんで

  15分おく

    

②豚ブロックをたこ糸で巻き、

   下味調味料のしょうが と酒に漬け

   こみ2時間冷蔵庫へ

 

③煮汁の中に豚ブロックを入れて

    圧力鍋又は電気鍋で煮込む

 

④冷ましてフライパンで焼き焦げめを

   つける

 

 

f:id:fu-y0320:20190114215719j:image

あけましておめでとうございます

ちょっと遅くなりましたが、

今年もよろしくお願いいたします。

 

今現在、うちの税理士事務所では

年末調整の大詰めに入っております。

配偶者控除配偶者特別控除が色々変更に

なり、関与先も事務所もちょっと混乱から

始まりました。

まだまだバタバタしそうです。

 

毎年の事ですが、処理の仕方を思い出しながら

やっていく中で、段々勘を取り戻し・・・

よし!いい感じ!

という頃には終わっているという

そんな繰り返しです。

 

これが終わったら次は確定申告。

あっという間に3月まで過ぎそうです。

 

寒さも一段と厳しくなってきました。

体調を崩さずに冬を乗り切っていきましょう~。

防災グッズ④

災害が発生した時に、一番困るのが

水関係ですが

トイレもその中の一つですよね😥

 

男性はそこら辺で小なら用を足せますが、女性は本当に困ります💦

 

そんな状況の中、簡易トイレさえあれば、気持ち的にも少しは安心して

過ごせますね。

渋滞中やアウトドアでも使えそうなので

あると便利です。

 

緊急戦隊トイレマン100 非常用トイレ100回分 防災用トイレ

緊急戦隊トイレマン100 非常用トイレ100回分 防災用トイレ

 

 

 

 

 

BUNDOK(バンドック) プライベートテントUV NT-51

BUNDOK(バンドック) プライベートテントUV NT-51

 

 

妻の年収によって変わる「○○の壁」

 

妻が、夫の配偶者控除や自身の所得税の非課税範囲に

収まるように年収103万円を超えないように

調整して働くことから

「103万円の壁」

と呼ばれています。また103万円の壁のほかに

年収の壁は他にもあります。

また、配偶者控除配偶者特別控除も今回改正されました。

こちらの控除額は、夫の年収が影響してきます。 

 

100万円の壁 妻の収入によって住民税が課税される(自治体によっては97万又は93万)
103万円の壁 妻の収入に所得税が課税される
130万円の壁 妻が社会保険に加入し、自分で保険料を支払う必要がある
150万円の壁 150万円を超えると配偶者控除等の控除額が減額される

 

配偶者特別控除額一覧 

分かりやすくするために今回の改正で増税になるのか減税に

なるのかの対照表以下に示します。

年末調整の時期、今回の改正で混乱している方も沢山

居ると思います。

損をしないように、きちんと確認して、書類提出しましょう!

 

給与収入 配偶者
103万円以下 141万円未満 201.6万円未満 210.6万円以上
夫の収入 1120万円以下 影響なし 減税 減税 影響なし
1170万円以下 増税 減税又は増税 減税 影響ない
1220万円以下 増税 減税又は増税 減税 影響なし
1220万円超 増税 影響なし 影響なし 影響なし

 

 

改正民法(相続法)②【その他】

その他、次のような改正もありました

 

・財産目録のパソコン作成が可能に

 従来、自筆証書遺言は、全文を自署(手書き)する

 必要がありました。改正では、要件が緩和され、

 遺言のうち財産目録についてはパソコン作成が認められました

 (但し各ページに自署押印が必要)

 また、封をしていない自筆証書遺言において、法務省

 保管する制度も創設されます。

 

 

・預貯金の仮払制度

 従来は、相続財産となる預貯金債権は、遺産分割の

 対象に含まれ、共同相続人による単独払い戻しが

 認められませんでした。改正では、一定金額について

 単独払い戻しが認められます。また、仮払の必要性があれば

 家庭裁判所が認める制度も創設されます。

 

 

・相続人以外の親族の貢献に考慮 

 法定相続人ではない親族が被相続人の介護や看病をするケースがありますが、

 現行法ではこの場合の当該親族は遺言がない限り、介護や看病に対しての

 何らかの報酬を受けることはできませんでした。

  新たな改正案では、相続人ではない親族も、被相続人の介護や看病に貢献した場合

 は金銭請求できるようになります。ただし、あくまで親族が対象で、

 家政婦などが介護や看病をした場合は含まれません。

 

 

改正民法(相続法)①【相続時の配偶者の権利拡大(配偶者の居住権)】

40年ぶりに民法(相続法)の改正が成立しました。

残された配偶者の生活に配慮する為、配偶者の居住の権利を

保護する方策等が盛り込まれた他、遺言の利用を促進し、

相続を廻る紛争等を防止する等の観点から、

自筆証書遺言書の方式を緩和するなどの改正が行われました。

 

1.配偶者が自宅に住み続けることができる権利を創設

 「配偶者居住権」「配偶者短期居住権」とに分かれています

 

「配偶者居住権」

 配偶者が相続開始時に居住していた、被相続人の所有建物を

 対象として、終身または一定期間、配偶者にその利用・利益を

 認める法定権利

 遺産分割における選択肢の一つとして以下の事ができます

 ①配偶者に居住権を取得させる

 ②被相続人が遺贈等によって配偶者に居住権を取得させる

 

「配偶者短期居住権」

 配偶者の相続財産でないことを前提にした短期の利用権で、

 次のような利用を想定しています

 ①配偶者が居住建物の遺産分割に関与する時に、

  配偶者が被相続人の建物に無償で居住していた場合、

  遺産分割によってその建物の帰属が確定するまでの間

  または、相続開始から6か月を経過する日

  どちらかの遅い日までの間、引き続き無償でその建物を

  使用できる

 ②遺贈などにより配偶者以外が居住建物を取得した場合

  または、配偶者が相続拒否した場合(①以外のケース)

  配偶者が相続開始後、建物に無償に居住していた場合

  所有権者がいつでも配偶者に対し配偶者短期居住権の消滅を

  申し入れることができる

  しかし、配偶者は申し入れを受け入れた日から6か月を経過するまで

  引き続き無償でその建物の使用が認められる

 

2.婚姻20年以上の夫婦の優遇策~住居の遺産分割の対象からの除外

  結婚20年以上の夫婦なら、配偶者が生前贈与や遺言で譲り受けた住居は

  「遺産とみなさない」という意思表示があったとして、

  遺産分割の計算対象から除外します。

  この場合、配偶者は住居を離れる必要がないだけではなく、

  他の財産の配分が増え、老後の生活の安定につなげることができます。

 

 

 

ちょっと難しいですが、相続によって配偶者が直ちに住む場所さえ

なくなってしまうのは、これで防止できる感じですね。

また、改正されても実際に施行されるまでには時間がかかりそうなので

この先もじっくり経過を見ていくことが大切ですね。

 

お金の無駄遣いを減らす💡

お金の無駄遣いといっても様々あります

1.ちょこちょこ買い

2.なんとなく買い

3.現状から脱却できない

 

タイプ別に対策を考えましょう!

「ちょこちょこ買い」は、何気なくお金を使っていることが多い傾向ですね。この場合一度に、何にどれくらい

お金を使っているのか、支出の分析をすることが重要です。

まず、一か月でも良いので、買い物のたびにレシートを受けとり、

食費・日用品・交際費などを項目別に集計してみましょう。

明らかに使い過ぎの項目があれば、

削減の工夫をします。

 

「なんとなく買い」は、まず自分の価値観をはっきり

させましょう。そして、価値観に基づいてお金の使い方を振り返ると、優先順位の低いことにも意外とお金を使っていると気付きます。

自分が何にお金を使いたいか、優先順位をはっきりさせることで無駄遣いがなくなっていきます。

 

「現状維持」の人は面倒くさがりの人で、損するケースも多いです。

気付いたり、思いついたらすぐに

忘れないようにメモしておきましょう。

そして、放置せずに3日以内に行動すると良いです。

このように、行動する習慣を繰り返して

身につけましょう。

 

無駄遣いは意識すれば改善できます!

自分のパターンを把握して、適した

対策をしましょう!⤴️⤴️